プラネタリウムのNEWS一覧

NEWS
2022年8月11日

明日はペルセウス座流星群が極大を迎えます

明日はしぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つとされるペルセウス座流星群が極大を迎えます。

観測は今日の夜から明後日の夜にかけての、それぞれ21時から薄明にかけてがおすすめだそうですが、極大日である明日は満月と重なる為、出現数は例年より少なくなるそうです。(一時間当たり30個程度)ただし、昨年は極大日の1日半後に例年の極大時の2倍以上に達する予想外の活動が観測されました。

放射点である「ペルセウス座」の由来

かつてアラビアには、プレアデス星団 (M45) を中心にして、ペルセウス座を通ってカシオペヤ座までを一方の腕、くじら座のβ星とν星までをもう一方の腕とみなした、「プレアデスの両手」という意味のアッ=スライヤー (aṯ-ṯurayyā) と呼ばれるアステリズムがあった。そのため、ペルセウス座のα星、ξ星、ο星にはそれぞれアッ=スライヤーの身体の「肘」「肩」「肩甲骨」を指す固有名が付けられている。

神話

大神ゼウスとダナエーとの間に生まれたペルセウスは、セリーポス島の領主ポリュデクテースから怪物メドゥーサの首を持ってくるように命ぜられた。アテーナーやヘルメース、ヘスペリデスらから助力を受けたペルセウスは、見事メドゥーサを倒し、また海の怪物ケートスの生贄にされようとしていたアンドロメダー姫を救った。天上のペルセウスは、右手に剣、左手にはメドゥーサの首を持っている。メドゥーサの首はあまりに恐ろしく、見たものは石になってしまうという。

NEWS
2022年8月10日

明後日は満月です

8月の月は、12日(金)10時36分頃に満月を迎えます。

農事暦によると、8月の満月、英語で“Sturgeon Moon”(チョウザメ月)と言うそうです。

スタージョン=チョウザメという意味で、アメリカの先住民族であるネイティブアメリカンが、チョウザメの漁が最盛期を迎える8月に見える満月ということや、チョウザメは魚の王様と考えられていたことから名付けたと言われています。

8月満月の別名

レッドムーンRed Moon(赤い月)、グリーンコーンムーGreen Corn Moon((青いトウモロコシ月)、グレインムーンGrain Moon(穀物月)

本来の満月のタイミングは日本では日中のため見ることは出来ませんが、東京では19時09分、大阪では19時24分の月の出から、翌13日(土)の東京では午前5時48分、大阪では午前6時08分の月の入りまで、空の条件が良ければ一晩中、綺麗な満月を観測することができます。

スタージョンムーンには、以下に関係する願い事が叶うとされています。

【自由】【平和】【友情】【自立】

【信頼関係】【個性】

おまじないとしては、思い当たる願い事を紙に書いて、満月に向かって読み上げてみて下さい。

それからすぐその後に、紙をやぶり捨てると良いとされています。

また、すべての満月には、金運や恋愛運が上がるチカラがあるとも言われています。

月と地震の関係

地震のメカニズムについてはまだまだ不明な点が多いのが現状ですが、東京大学の研究チームの調べによると月の引力と地震には関係があると言われています。

月の引力にとって強い風が吹いた後は地震が起きやすいとしています

月や太陽の引力は、潮の干満だけではなく地球そのものにも働き、人間が体に感じない程度の小さな変化、「地球潮汐」を起こします。地球潮汐によって地球にかかる力は、数十~数百ヘクトパスカルと微力ですが、断層に小さな力が働き、地球にゆがみを与えます。その際、断層のひずみが限界に達した状態では、地球潮汐が「最後のひと押し」となって、地震発生につながる可能性が高いということが、明らかになったのです。

東京大学の研究者チームが、40年以上にわたるデータから世界各地で生じた地震を徹底分析。その結果、マグニチュード5.5以上の巨大地震が発生した時期と、大潮になる時期、つまり月や太陽から地球が受ける重力の影響が大きくなる時期に因果関係があることを示す研究論文が、学術雑誌に掲載されました。

同調査によれば、2004年のスマトラ島沖地震、2010年のチリ地震、2011年の東日本大震災など、いずれもマグニチュード8.8を超える巨大地震が、満月または新月の前後に発生していたことが判明。大潮の時期には、海底の地殻プレートへ潮汐による多大な力がかかり、そこへ太陽や月の引力も加わって、大地震につながりやすいとの説が発表されています。

NEWS
2022年8月8日

宇宙での手術が可能に?

NASAと欧州宇宙機関(ESA)は2日、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した「車輪銀河」の最新画像を公開した。大量の塵(ちり、固体微粒子)に視界が遮られ、長い間観測が難しかった同銀河のカラフルな回転リング状構造が、かつてないほど鮮明に捉えられた。 

ちょうこくしつ座の方向約5億光年の距離にある車輪銀河は、約4億年前に起きた銀河同士の衝突で形成された。

共同声明で、この衝突によってできた二つのリングは、銀河の中心から「池に石を投げ入れたときに立つ水面のさざ波のように」広がっていると説明した。

 小さい方の白いリングは、銀河中心付近にとどまっている一方、カラフルなスポークの付いた車輪のような外側のリングは、4億4000万年前から宇宙空間へと拡大している。拡大する外側のリングがガスと衝突することにより、新たな星の形成も起きている。

銀河同士が衝突すると、形や構造が変化する場合がある。荷馬車の車輪のようにも見える今回の車輪銀河では、色鮮やかな銀河が内側のより明るい輪を取り囲んでいて、どちらの輪も衝突の起きた中心部から離れて拡大している様子がウェッブの画像からうかがえる。

こうした特徴を踏まえ、科学者はこの車輪銀河を「渦巻き銀河」よりも珍しい「環状銀河」に分類している。

大型渦巻銀河だった当時の特徴の大半は、銀河衝突後も残存している。車輪銀河の名前の由来になった、二つのリングの間に見られる鮮やかな赤い「スポーク」のような筋はこの影響によるものだ。

今回の観測で、車輪銀河がまだ「非常に過渡的な状態」にあることが判明したと、NASAとESAは述べている

NEWS
2022年8月5日

車輪銀河の姿

NASAと欧州宇宙機関(ESA)は2日、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した「車輪銀河」の最新画像を公開した。大量の塵(ちり、固体微粒子)に視界が遮られ、長い間観測が難しかった同銀河のカラフルな回転リング状構造が、かつてないほど鮮明に捉えられた。 

ちょうこくしつ座の方向約5億光年の距離にある車輪銀河は、約4億年前に起きた銀河同士の衝突で形成された。

共同声明で、この衝突によってできた二つのリングは、銀河の中心から「池に石を投げ入れたときに立つ水面のさざ波のように」広がっていると説明した。

 小さい方の白いリングは、銀河中心付近にとどまっている一方、カラフルなスポークの付いた車輪のような外側のリングは、4億4000万年前から宇宙空間へと拡大している。拡大する外側のリングがガスと衝突することにより、新たな星の形成も起きている。

銀河同士が衝突すると、形や構造が変化する場合がある。荷馬車の車輪のようにも見える今回の車輪銀河では、色鮮やかな銀河が内側のより明るい輪を取り囲んでいて、どちらの輪も衝突の起きた中心部から離れて拡大している様子がウェッブの画像からうかがえる。

こうした特徴を踏まえ、科学者はこの車輪銀河を「渦巻き銀河」よりも珍しい「環状銀河」に分類している。

大型渦巻銀河だった当時の特徴の大半は、銀河衝突後も残存している。車輪銀河の名前の由来になった、二つのリングの間に見られる鮮やかな赤い「スポーク」のような筋はこの影響によるものだ。

今回の観測で、車輪銀河がまだ「非常に過渡的な状態」にあることが判明したと、NASAとESAは述べている

NEWS
2022年8月4日

本日は伝統的七夕の日です

8月4日(木)伝統的七夕(旧暦の7/7)

太陰太陽暦の7月7日が今の暦の8月中旬ごろにあたり、この時期は梅雨も明けていることから、国立天文台が中心となって、二十四節気の処暑(しょしょ、毎年8月23日頃)より前で、処暑に最も近い新月を1日目として、7日目にあたる日を伝統的七夕と呼ぶことにしました。

空が晴れた場合は、夏の大三角形を形作る「おりひめ星」(こと座の1等星ベガ)と「ひこ星」(わし座の1等星アルタイル)を探して、空を見上げてみてください。夜空が暗い場所では、おりひめ星とひこ星の間に流れる天の川も見ることもできます。

新暦七夕(7月7日)と伝統的七夕(8月4日)

7月7日といえば日本列島の広い地域では梅雨のまっただ中で、例年この時季に2つの星を見ることはなかなか難しいものです。

この問題は、明治の改暦(かいれき、カレンダーの決め方を変えること)に原因があります。

もともとの七夕は太陰太陽暦(※)の「七月七日」に祝っていたものです。ところが、明治6年(1873年)からは太陰太陽暦ではなく西洋式の太陽暦を使うようになったため、七夕も約1か月早い時期に祝う行事となってしまいました。

新暦七夕と伝統的七夕の星空

太陽暦での7月7日は、まだ広い地域で梅雨が明けていません。また、たとえ晴れているとしても、日が暮れた1、2時間後ぐらいでは、おりひめ星とひこ星はまだ東の空にあります。見やすい高さではありますが、2つの星がもっと高く上る時間まで待っているとすると、夜半過ぎになってしまいます。

太陰太陽暦の七月七日は、新暦では例年8月中旬ごろに当たります。梅雨もすっかり明けていることが多く、夏の暑さがピークを迎えているころです。ただし、日本の暦を定める国立天文台では太陰太陽暦の計算をしていません。そのかわり「伝統的七夕」という言葉を使い、旧暦とは別の方法で七夕の日を求めています。2022年の伝統的七夕は8月4日です。

8月4日の21時には、おりひめ星が頭の真上近くにあり、ひこ星も高く上っていることがわかります。空気が澄んだところなら、おりひめ星とひこ星の間を天の川が流れているのも見えるかもしれません。深夜になり月が沈むと、より天の川が見やすくなるでしょう。

「処暑」(8月23日ごろ)以前で最も近い新月の日を1日目(七月一日)として7日目(七月七日)、と定めます。新月から7日目なので、月の形は必ず上弦近くになります。2022年の場合、処暑は8月23日、直前の新月は7月29日です。

七夕伝説のおこりは中国です。もともとは、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。

織女と牽牛は夫婦なのですが、仕事をせずに遊んでばかりいたので、年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制されるという儒教的思想の色濃いお話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれています。

日本へは遣唐使などによってもたらされ、日本に従来からあった棚機津女(たなばたつめ)の信仰とが混ざってできたとされています。その他の伝説と混ざった形で七夕伝説が伝承されており、正確にいつ日本に伝わったかは定かでありません。

伝統的七夕の星空を見るときには、次のようなポイントを抑えておくことをおすすめします。

明かりがあるところから屋外に出たとき、暗闇に目が慣れるまでしばらく時間がかかります。それに、暗闇に慣れてからでないと、星空を見つけにくいもの。そのため、伝統的七夕の観測をするなら、明るい場所から外に出て10分程度は待ってから、じっくり眺めましょう。

その他にも月遅れの七夕(8/7)というものもあるそうです。

NEWS
2022年8月2日

8月の天体ショー

8月4日(木)伝統的七夕(旧暦の7/7)

太陰太陽暦の7月7日が今の暦の8月中旬ごろにあたり、この時期は梅雨も明けていることから、国立天文台が中心となって、二十四節気の処暑(しょしょ、毎年8月23日頃)より前で、処暑に最も近い新月を1日目として、7日目にあたる日を伝統的七夕と呼ぶことにしました。

空が晴れた場合は、夏の大三角形を形作る「おりひめ星」(こと座の1等星ベガ)と「ひこ星」(わし座の1等星アルタイル)を探して、空を見上げてみてください。夜空が暗い場所では、おりひめ星とひこ星の間に流れる天の川も見ることもできます。

8月13日(土)10時頃 ペルセウス座流星群の極大日

目立って多くの流星が出現するのは11日(木)から13日(土)の3夜で、12日(金)夜から13日(土)明け方に最も多くの流星が出現すると予想されます。

放射点が空に昇る21時頃から流星が出現するようになり、放射点が空高くに昇る明け方に近づくにつれて流星の数は多くなる見込みです。

ただ、今年は12日(金)が満月のためほぼ一晩中月明かりがあり、残念ながら流星の観測条件は良くありません。国立天文台によると空の暗い場所で観察した場合の流星数は、1時間あたり30個程度と予想されるとのことです。

8月の月は、12日(金)10時36分頃に満月を迎えます。

農事暦によると、8月の満月、英語で“Sturgeon Moon”(チョウザメ月)と言うそうです。

スタージョン=チョウザメという意味で、アメリカの先住民族であるネイティブアメリカンが、チョウザメの漁が最盛期を迎える8月に見える満月ということや、チョウザメは魚の王様と考えられていたことから名付けたと言われています。

土星が8月15日(月)12時33分に「衝(しょう)」を迎え、見頃となります。

「衝」とは、太陽系の天体が、地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間のことです。太陽が沈むころに東の空から昇り、日の出の頃に西の空に沈むため、一晩中みることができます。

土星はやぎ座のそばで0.5等の明るさで輝きます。街中でも肉眼で簡単に見つけられる明るさで、目を引きそうです。

土星が衝を迎える前の8月12日(金)夜から13日(土)明け方に、月が土星に接近します。

12日(金)はちょうど満月です。まん丸なお月さまと土星が並んで輝く様子をお楽しみください。

▼12日(金)の昇る時間(東京)
土星 18時40分頃
月  19時09分頃

土星が東の空に昇ってから約2時間後には木星が空に昇り、さらに2時間から2時間半ほど後に火星が昇ってきます。木星はマイナス3.8等前後、火星は0.1等ほどの明るさで輝くため、夜空の中でも目を引きそうです。

月は土星と接近したあと、15日(月)から19日(金)にかけて木星と火星の側を通過していきます。

15日(月)夜から16日(火)明け方に月と木星が接近し、19日(金)深夜から20日(土)明け方には月と火星が接近するので注目です。

▼昇る時間(東京)
・15日(月) 月と木星が接近
月 20:43、木星 20:30、火星 22:49
・19日(金) 月と火星が接近
月 22:39、木星 20:14、火星 22:41

NEWS
2022年7月28日

30日深夜 みずがめ座δ(デルタ)南流星群とやぎ座α流星群がピーク

30日深夜から31日明け方にかけてみずがめ座δ(デルタ)南流星群とやぎ座α流星群がピークを迎えます。

この日はほぼ新月となる為、天気が良ければ観測には好条件となります。

また、ペルセウス座流星群等、複数の流星群も活動中であるため、空の条件が良い所で1時間に15個程度の流星が見られる可能性があるとのこと。

それぞれの流星群の放射点の方角

みずがめ座δ(デルタ)南流星群 南東

やぎ座α流星群 南

ペルセウス座流星群 北東(ピークは8/13)

NEWS
2022年7月26日

中国が宇宙ステーションの実験施設を打ち上げ

中国は7月24日、同国が独自に建設を進めている宇宙ステーション「天宮(Tiangong)」の実験モジュール「問天(Wentian)」を打ち上げました。

翌日の7月25日に天宮のコアモジュール「天和(Tianhe)」へのドッキングに成功しており、中国独自の宇宙ステーションは完成に一歩近付きました。

中国は天宮に2つの実験モジュールを追加することを計画しており、問天はその1つ目となります。全長17.9m・直径4.2m・重量23t(打ち上げ時)の問天は、作業モジュール・エアロックモジュール・資源モジュールの3区画から構成される大型のモジュールです。

問天は主に宇宙生命科学に関連した研究に対応。問天は船内だけでなく、船外に実験装置を設置することも可能です。

問天にはノードモジュールよりも広い専用のエアロックモジュールが備わっています。中国国防部によると問天のエアロックはハッチの直径が1mで、ノードモジュールのハッチよりも15cm大きくなったといいます。

問天には小型の装置を扱うために設計された全長5mのロボットアーム(可搬質量3t)が船外に搭載されていて、実験装置の設置や交換などに用いられます。

天和に搭載されている全長10mのロボットアーム(可搬質量25t)と問天のロボットアームは人間の両手のように協調して操作できるだけでなく、1つにつなげて全長15mのロボットアームとして運用することも可能。

資源モジュールには大型の太陽電池アレイが2基搭載されています。展開時の長さは1基約28mで、2基の太陽電池アレイを展開した問天の最大幅は約56mに達します。発電能力は2基で合計18キロワット、1日あたりの電力量は平均430キロワット時以上で、天宮を運用するのに十分な電力が供給されるといいます。

今後、問天は天和の側面に設けられたポートへ移設され、2022年10月に打ち上げが予定されているもう1つの実験モジュール「夢天(Mengtian)」の到着に備えることになります。

 日本や欧米、ロシアなどが運用する国際宇宙ステーション(ISS)は老朽化が進む上、ロシアのウクライナ侵攻で宇宙での国際協力に支障が出ている。中国が独自のステーションを完成させれば、宇宙開発分野での影響力がさらに高まるとみられる。

NEWS
2022年7月24日

木星に土星のような環がない訳とは

木星と土星、どちらも太陽系で水素やヘリウムを主成分とした巨大ガス惑星ですが、土星には水の氷が主成分の環があります。

木星にも氷ではなく塵を主成分とした環があるのですが、その環は非常に薄く暗いため、1979年にボイジャー1号の接近観測があるまで、発見されることはなかったそう。

カリフォルニア大学リバーサイド校の天体物理学者と大学院生が、現在のような姿に木星がなった理由を探るべく、木星の「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つの巨大衛星(イオ。エウロパ、ガニメデ、カリスト)の軌道、木星自身の軌道、形成された環の存続期間などを調べるコンピューターシミュレーションを実行。

その結果、質量が大きい木星自身の影響で環の材料となる氷の軌道が変化し、衛星と衝突したりすることで環の形成が妨げられる可能性が示され、ある天体を周回する2つの天体が重力を介して相互作用した結果、公転周期が単純な整数比に近づく、軌道共鳴といわれる状態になっていると特に環の形成に影響を与えるそう。(ガリレオ衛星はイオ・エウロパ・ガニメデの公転周期の比が1:2:4の整数比に近いと言われており、このような状態はラプラス共鳴ともいわれるそう。)

ふたりの分析によると過去にも木星には環が存在しなかった可能性が高いと見られている。

また、天王星や海王星でも惑星の環は見つかっており、自転軸が98度と横倒しになっている天王星は過去の巨大衝突によって自転軸が傾いたと考えられており、その環は衝突の痕跡である可能性があるといわれている。

今後、天王星に関するシミュレーションを行い環の存続期間を確認する計画を立てているとのこと。

NEWS
2022年7月18日

今日の夜中は月と木星が接近

今日の夜23時30分頃から明日の明け方にかけて、月と木星が接近します。

北海道や東北の太平洋側、沖縄などの一部の地域では見られる可能性がありますが、その他の地域ではあいにくの曇りや雨となっています。

NEWS
2022年7月13日

今日の夜中は満月です

7月14日午前3時半過ぎ、月は満月になります。

7月の満月は7月頃になるとオスの鹿(バック)の象徴である角(つの)が生え変わる時期にあたるのでバックムーン(牡鹿月)と言われており、また、地球に月がもっとも近づく(約30万キロ以上)、スーパームーンとなります。

その他の7月の満月の別名は以下のようなものがあります

◉サンダームーン:Thunder moon(雷月)

◉サマームーン:Summer Moon(夏月)

◉ヘイムーン:Hay Moon (干し草月)

◉クレーンムーン: Crane Moon (鶴月)

◉ハングリーゴーストムーン
:Hungry Ghost Moon (空腹な幽霊月)

NEWS
2022年7月12日

130億年前の銀河を見る

ジェームズ・ウェッブの初画像は11日のホワイトハウスのイベントで公開された。NASAによると、この画像は近赤外線カメラによって撮影し、異なる波長の画像を合成したという。

NASAは11日、約半年前に打ち上げた新型の宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」で撮影した初めての画像を公開した。これまでで最も遠くの銀河をかなり鮮明にとらえており、なかには130億年以上前の銀河も写しだされているという。

NASAは11日、試運転活動を完了し、科学調査を開始する準備ができたことも発表した。12日に披露するフルカラー画像と分光データを皮切りに、正式な科学ミッションを開始するとしている。

すべてのニュースを見る