プラネタリウムのNEWS一覧

NEWS
2022年1月17日

今年最初の満月

明日は今年最初の満月です。
1月の満月は海外ではウルフムーンと呼ばれています。

アメリカの先住民は季節を把握し農作業に役立てるのために満月に名前を付けていたそう。
12月のこの時期は狼が繁殖期をむかえ、遠吠えが絶えず聞こえていた時期と言われています。

和訳すると狼(wolf)月(moon)となるため、とても分かりやすいですね。

NEWS
2022年1月3日

あすはしぶんぎ座流星群が極大を迎えます。

本日14日は、ふたご座流星群が極大となります。
極大時刻は16時頃。日本ではこの時刻は日没前にあたるため時間ぴったりには見ることが出来ませんが、東京では2時から4時頃に空の暗い場所では、1時間あたりおよそ30個から40個の流星が予想されるとのことです。

流れ星を見つけやすくする4つのポイント

①人工の明かりが少ない場所。人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔をされて、暗い流れ星が見えにくくなり、見ることのできる流れ星の数が少なくなってしまいます。

②なるべく、空が広く見渡せる場所。

③空の広い範囲に、注意を向けましょう。放射点の方向に、こだわる必要はありません。流星群は、放射点(流れ星の軌跡を、逆向きに延長したときに通る点のこと)のある方向だけに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。空をより広く見渡しているほうが、より多くの流れ星を捉えられる可能性が高くなります。

④月のある方向を正面にして観察するのは、避けたほうがよいでしょう。月明りに邪魔されて、暗い流れ星が見えなくなってしまいます。

また、肉眼では捉えにくい暗い星は、カメラを利用することで、確認できる確率が上がる可能性があります。

コツは以下になります。

①デジカメで撮影の場合、撮影モードはマニュアルモードで撮影。
②ISO感度(デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値)を上げる。
➂f値(レンズの絞り具合)を下げる(レンズを開く)
④シャッタースピードを遅くする。
➄シャッターボタンを押したときの手ブレを防ぐため、セルフタイマーを使う。
⑥➄と同様手ブレ防止のために三脚を使う。

特に①➄⑥は必須となり、②➂④は何枚か撮影しながら丁度いいバランスを探る必要があります。

NEWS
2021年12月22日

天文関連書籍の紹介「天文年鑑 2022年版」

本日14日は、ふたご座流星群が極大となります。
極大時刻は16時頃。日本ではこの時刻は日没前にあたるため時間ぴったりには見ることが出来ませんが、東京では2時から4時頃に空の暗い場所では、1時間あたりおよそ30個から40個の流星が予想されるとのことです。

流れ星を見つけやすくする4つのポイント

①人工の明かりが少ない場所。人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔をされて、暗い流れ星が見えにくくなり、見ることのできる流れ星の数が少なくなってしまいます。

②なるべく、空が広く見渡せる場所。

③空の広い範囲に、注意を向けましょう。放射点の方向に、こだわる必要はありません。流星群は、放射点(流れ星の軌跡を、逆向きに延長したときに通る点のこと)のある方向だけに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。空をより広く見渡しているほうが、より多くの流れ星を捉えられる可能性が高くなります。

④月のある方向を正面にして観察するのは、避けたほうがよいでしょう。月明りに邪魔されて、暗い流れ星が見えなくなってしまいます。

また、肉眼では捉えにくい暗い星は、カメラを利用することで、確認できる確率が上がる可能性があります。

コツは以下になります。

①デジカメで撮影の場合、撮影モードはマニュアルモードで撮影。
②ISO感度(デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値)を上げる。
➂f値(レンズの絞り具合)を下げる(レンズを開く)
④シャッタースピードを遅くする。
➄シャッターボタンを押したときの手ブレを防ぐため、セルフタイマーを使う。
⑥➄と同様手ブレ防止のために三脚を使う。

特に①➄⑥は必須となり、②➂④は何枚か撮影しながら丁度いいバランスを探る必要があります。

NEWS
2021年12月19日

今年最後の満月

本日は今年最後の満月です。
12月の満月は海外ではコールドムーンと呼ばれています。

アメリカの先住民は季節を把握し農作業に役立てるのために満月に名前を付けていたそう。
12月のこの時期は寒さの厳しい本格的な冬の到来した時期と言われています。

和訳すると寒い(cold)月(moon)となるため、とても分かりやすいですね。

アメリカの先住民は季節を把握し農作業に役立てるのために満月に名前を付けていたそう。
10月は夏の豊富なエサによって太った野生動物(鹿やきつねなど)を、ハンターが狩るには絶好のタイミングだったため、このような呼び名がつけられたと言われています。

NEWS
2021年12月16日

宇宙の誕生に迫る

本日14日は、ふたご座流星群が極大となります。
極大時刻は16時頃。日本ではこの時刻は日没前にあたるため時間ぴったりには見ることが出来ませんが、東京では2時から4時頃に空の暗い場所では、1時間あたりおよそ30個から40個の流星が予想されるとのことです。

流れ星を見つけやすくする4つのポイント

①人工の明かりが少ない場所。人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔をされて、暗い流れ星が見えにくくなり、見ることのできる流れ星の数が少なくなってしまいます。

②なるべく、空が広く見渡せる場所。

③空の広い範囲に、注意を向けましょう。放射点の方向に、こだわる必要はありません。流星群は、放射点(流れ星の軌跡を、逆向きに延長したときに通る点のこと)のある方向だけに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。空をより広く見渡しているほうが、より多くの流れ星を捉えられる可能性が高くなります。

④月のある方向を正面にして観察するのは、避けたほうがよいでしょう。月明りに邪魔されて、暗い流れ星が見えなくなってしまいます。

また、肉眼では捉えにくい暗い星は、カメラを利用することで、確認できる確率が上がる可能性があります。

コツは以下になります。

①デジカメで撮影の場合、撮影モードはマニュアルモードで撮影。
②ISO感度(デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値)を上げる。
➂f値(レンズの絞り具合)を下げる(レンズを開く)
④シャッタースピードを遅くする。
➄シャッターボタンを押したときの手ブレを防ぐため、セルフタイマーを使う。
⑥➄と同様手ブレ防止のために三脚を使う。

特に①➄⑥は必須となり、②➂④は何枚か撮影しながら丁度いいバランスを探る必要があります。

NEWS
2021年12月14日

本日はふたご座流星群が極大を迎えます。

本日14日は、ふたご座流星群が極大となります。
極大時刻は16時頃。日本ではこの時刻は日没前にあたるため時間ぴったりには見ることが出来ませんが、東京では2時から4時頃に空の暗い場所では、1時間あたりおよそ30個から40個の流星が予想されるとのことです。

流れ星を見つけやすくする4つのポイント

①人工の明かりが少ない場所。人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔をされて、暗い流れ星が見えにくくなり、見ることのできる流れ星の数が少なくなってしまいます。

②なるべく、空が広く見渡せる場所。

③空の広い範囲に、注意を向けましょう。放射点の方向に、こだわる必要はありません。流星群は、放射点(流れ星の軌跡を、逆向きに延長したときに通る点のこと)のある方向だけに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。空をより広く見渡しているほうが、より多くの流れ星を捉えられる可能性が高くなります。

④月のある方向を正面にして観察するのは、避けたほうがよいでしょう。月明りに邪魔されて、暗い流れ星が見えなくなってしまいます。

また、肉眼では捉えにくい暗い星は、カメラを利用することで、確認できる確率が上がる可能性があります。

コツは以下になります。

①デジカメで撮影の場合、撮影モードはマニュアルモードで撮影。
②ISO感度(デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値)を上げる。
➂f値(レンズの絞り具合)を下げる(レンズを開く)
④シャッタースピードを遅くする。
➄シャッターボタンを押したときの手ブレを防ぐため、セルフタイマーを使う。
⑥➄と同様手ブレ防止のために三脚を使う。

特に①➄⑥は必須となり、②➂④は何枚か撮影しながら丁度いいバランスを探る必要があります。

NEWS
2021年12月8日

12月の天体ショー

11月の夜空は天体ショーが目白押しです。
11月12日(木)22時頃には、おうし座北流星群が活動の極大
11月13日(金)の夜明け前には細い月と金星が接近
11月14日(土)日の出前には、新月前の細い月が水星に接近
17日(火)深夜〜18日(水)未明にはしし座流星群が活動の極大
11月19日(金)の夕方から宵にかけて、日本全国で皆既食に近い部分月食
11月は30日(月)18時30分に満月と半影月食を迎えます。

さて、ここで一つ聞きなじみのない、「半影月食」という言葉が出てきました。
皆既月食や部分月食との違いは何なのでしょうか?

その答えは地球と太陽と月の位置関係にヒントがあります。

太陽から照らされてできる地球本体の影を本影といい、これが月にかかると、太陽光が遮られて満月から一気に新月のようになる状態を皆既月食といいます。この時月が赤く見えるのは太陽からの光のうち赤い光が地球の大気により屈折して月の表面に届くため。
また、本影の周りには太陽光が入ってくる部分があり、それを半影と呼びます。
この半影のみに月が入ると半影月食、部分的に本影に入ると部分月食となります。
また、半影月食の場合は本影に比べて影が薄いため、肉眼では月が欠けているかどうか見分けがつきにくいと言われています。

そして、通常の月の満ち欠けと月食の違いは、満ち欠けの場合、月は段々と細い楕円になるような欠け方、月食の場合は、月が楕円形にならずに細くなっていく欠け方という違いがあります。

NEWS
2021年11月19日

今夜はほぼ皆既の部分月食です

今夜は日本では140年ぶりとなる月の98%が欠ける、「ほぼ皆既」な部分月食です。

月の欠け始めは午後4時18分。北海道や東北を除いては欠けた状態で月が昇ってくる月出帯食となり、午後6時2分ごろに食の最大を迎え、その後、月は元に戻っていき、午後7時47分ごろに部分食は終わる予定です。

NEWS
2021年11月17日

今夜は獅子座流星群が活動のピークを迎えます。

今夜は深夜から明日未明にかけて獅子座流星群が活動の極大を迎えます。
また、ピークは22日とまだ先の話ですが一角獣座アルファ流星群、そして既に極大を迎えたおうし座(北・南)流星群が活動しています。

NEWS
2021年11月12日

今夜はおうし座流星群が活動のピークを迎えます。

今夜はおうし座北流星群が活動の極大を迎えます。 先週は同じおうし座流星群の中でも南群が活動の極大を迎えましたが、ピーク時でも1時間に2個程度と活動は控えめだそうですが、先週に引き続き南群が現在も活動時期のため、全天をくまなく見るといいそうです。

NEWS
2021年11月3日

アジア初の快挙!星空の世界遺産認定

11月の夜空は天体ショーが目白押しです。
11月12日(木)22時頃には、おうし座北流星群が活動の極大
11月13日(金)の夜明け前には細い月と金星が接近
11月14日(土)日の出前には、新月前の細い月が水星に接近
17日(火)深夜〜18日(水)未明にはしし座流星群が活動の極大
11月19日(金)の夕方から宵にかけて、日本全国で皆既食に近い部分月食
11月は30日(月)18時30分に満月と半影月食を迎えます。

さて、ここで一つ聞きなじみのない、「半影月食」という言葉が出てきました。
皆既月食や部分月食との違いは何なのでしょうか?

その答えは地球と太陽と月の位置関係にヒントがあります。

太陽から照らされてできる地球本体の影を本影といい、これが月にかかると、太陽光が遮られて満月から一気に新月のようになる状態を皆既月食といいます。この時月が赤く見えるのは太陽からの光のうち赤い光が地球の大気により屈折して月の表面に届くため。
また、本影の周りには太陽光が入ってくる部分があり、それを半影と呼びます。
この半影のみに月が入ると半影月食、部分的に本影に入ると部分月食となります。
また、半影月食の場合は本影に比べて影が薄いため、肉眼では月が欠けているかどうか見分けがつきにくいと言われています。

そして、通常の月の満ち欠けと月食の違いは、満ち欠けの場合、月は段々と細い楕円になるような欠け方、月食の場合は、月が楕円形にならずに細くなっていく欠け方という違いがあります。

NEWS
2021年10月29日

11月の天体ショーと半影月食について

11月の夜空は天体ショーが目白押しです。
11月12日(木)22時頃には、おうし座北流星群が活動の極大
11月13日(金)の夜明け前には細い月と金星が接近
11月14日(土)日の出前には、新月前の細い月が水星に接近
17日(火)深夜〜18日(水)未明にはしし座流星群が活動の極大
11月19日(金)の夕方から宵にかけて、日本全国で皆既食に近い部分月食
11月は30日(月)18時30分に満月と半影月食を迎えます。

さて、ここで一つ聞きなじみのない、「半影月食」という言葉が出てきました。
皆既月食や部分月食との違いは何なのでしょうか?

その答えは地球と太陽と月の位置関係にヒントがあります。

太陽から照らされてできる地球本体の影を本影といい、これが月にかかると、太陽光が遮られて満月から一気に新月のようになる状態を皆既月食といいます。この時月が赤く見えるのは太陽からの光のうち赤い光が地球の大気により屈折して月の表面に届くため。
また、本影の周りには太陽光が入ってくる部分があり、それを半影と呼びます。
この半影のみに月が入ると半影月食、部分的に本影に入ると部分月食となります。
また、半影月食の場合は本影に比べて影が薄いため、肉眼では月が欠けているかどうか見分けがつきにくいと言われています。

そして、通常の月の満ち欠けと月食の違いは、満ち欠けの場合、月は段々と細い楕円になるような欠け方、月食の場合は、月が楕円形にならずに細くなっていく欠け方という違いがあります。

すべてのニュースを見る